プロジェクト2020で英語を勉強

プロジェクト2020のサチン・チョードリー 英語

大人になって英語の学び直しをする人が増えてきました。その対策としてプロジェクト2020を利用する人たちがたくさんいます。意味を探りながら、プロジェクト2020で学ぶ意義を考えてみたいと思います。
サチンのプロジェクト2020を無料視聴

英語の学び直し

学生時代、英語を習いました。学生時代は、受験対策としての英語しか学んだ記憶しかないと思います。当時の学校英語で英語が話せるようになった人は、とても少ないはずです。

日本の学校では、英語に費やす授業時間はとても多くなっています。しかしながら、ヒアリングやスピーキングなどができる生徒はいないというさびしい現実があります。なんとも考えさせられる事態です。

社会人になると英語が必要になる場面にたびたび出会います。仕事や地域活動で英会話の必要性に出会う場面が発生するものです。

それがきっかけとなり、再び英語の勉強を始める人たちが近ごろ多くなってきたといわれています。英語を学び直しは、それぞれの人生を変えるきっかけになりそうです。

英語を学ぶ変化

大人になり英語を学び直すことは、学生時代とは違った新鮮さがあります。学生時代は半ばいやいや学んでいた英語も、大人になって学ぶと楽しくて仕方がない感じにさせてくれます。

大人の英語学習とは、積極的に英語を学ぶスタイルに変えてくれるのです。大人で学ぶ英語と、ヒアリングやスピーキング中心とした英会話重視のスタイルに変わります。コミュニケーションが重視されるので、おのずと学習で使う教材にも違いが出てきます。

英会話スクールに通うもの、コミュニケーションを意識した対策によるもので、会話重視に移行したあらわれの一つといえます。

大人が必要な英語力とは、役立つ英語でなければならず、他人とのコミュニケーションが取れなければ、まったく意味を持たなくしてしまう恐れがあります。

プロジェクト2020の英語学習とは?

大人になり英語を学んでも、うまく英語が話せないとの声はよくあります。記憶力も低下し、学習できる時間も限られているため、効果が限定的になるのかもしれません。しかし、
それはやり方に問題があるからです。

大人になって学習することは、ある意味、要領を覚えなければ、いつまでたっても英語を身につけることができません。

英語が話せるようになることは、難しい表現をすることでなく、自分の意思が伝わればいいのです。わかりやすい単語で表現できればよく、まさにプロジェクト2020の英語そのものです。

プロジェクト2020では、中学校で習う英単語を使い、単語を入れ替えるだけで、 英語を話せるようになる仕組みをつくりました。だから中学英語だけでも十分、英会話が成立するのです。

えてして英語が話せない人は、難しい単語や表現ばかりを覚え、いつまでたっても英語が身につかないものです。この反省に立てば、難しい単語を使わなくても、やさしい単語でも十分役立つのです。

プロジェクト2020では、中学校英語だけでも要領よく学べる英会話を実現しました。

「近所の人とのあいさつ」「同僚とのコミュニケーション」「旅先での会話」「買い物する時の会話」「面接での受け答え」「親子の会話」「ビジネスでの接待」「さまざまな場面」など、シチュエーションに応じて使える英会話の習得を可能にしたのです。

また、苦痛なく英語を学べることも、英会話の上達につながっています。これこそがプロジェクト2020の人気の秘訣になっています。

コンセプトを明確なので、楽しく学べ、自信をつけることができるようです。グロービッシュ、シンプルフレーズ 、コーチング という3つのアプローチから国際社会で通用する英語が自然に身についてしまいます。ここにプロジェクト2020の英語学習ノウハウが詰まっています。

ネイティブの英語を身につける

プロジェクト2020では、英会話スクールに通っているのと同じレベルのレッスンが展開されています。

動画を見るだけで、発音やフレーズを確かめることができます。ネイティブの講師による英会話で、外国人との会話もスムーズに行えます。

外国人との会話ではネイティブの発音でなければいけません。プロジェクト2020で英語を学ぶことで、ネイティブの発音やフレーズが自然に頭に入ってきます。

英会話を学ぶ場として、プロジェクト2020は、もっとも効果的といえます。サチン・チョードリー式の英会話で、英語の苦手意識を克服して一歩、二歩、前に進みたいものです。まずは動画の視聴から始めましょう。

サチンのプロジェクト2020を無料視聴

コメント